タイトル画像
主に粘土で動物パンを作っています。
2012年 10月 09日 ( Tue)


前回の続きです。






トップの苺ホイップ



取外し出来るようにするのにどうすれば簡単に取り外せるか、
また装着時に美しく見えるかを考えました。



何度か試作を繰り返し↓↓


最初は大きなブローチピンを裏側に接着して試作しましたが
ミニハットの土台が硬いのでうまくピンを挿す事が出来ず失敗。


次に小さなブローチピンで中心ではなく端のほうに接着して試すも
見た目が浮いちゃってバレバレな感じなのと
浮いている分揺れるので装着している時も安定感がなかったので失敗。


そこでブローチピンは無理だと気が付き
他の策を探しました。


そして完成したのがコチラ


裏側です
クリックで拡大
クリックで拡大できます。



タックピン大です。
できるだけ大きなタックピンを探し中心に1つだけで固定しました。

タックピンだと取外しも簡単で隙間も気にならないですし、装着時
ハットと側面が合わさるので安定感があります。

1つだど回転するかなーと思いましたが、しっかりはさめるので
手で回転はできても勝手に回転する事はなかったです。



タックピンの接着は頑丈にしたかったので樹脂でがっちり固定し
上からも樹脂でコーティングしました。



ミニハットにつける際、
タックピンは少し針が太めで小さな穴が空くのですが、
外したトップにリボンをつけると大丈夫かなと思います。




これでオーダー品のご紹介は終了です。
最後まで読んで頂きありがとうございました(*'U'*)
また頑張ります☆彡
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2017 moka all rights reserved.
- Powered by FC2ブログ ・ Designed by うずら -
まとめ